大好評!【誰でもほぼ同じ位置に波を引く方法】公開中!詳しくはコチラ!

FXのスイングトレードのやり方とは?手法やテクニックなどのコツをこっそり教えます

まぁまぁ、奥さん落ち着いて

ゆっくりトレードしましょうよ

もっちゃん

こんにちは!もっちゃん(@mottyanda)です!

トレードにはスキャルピングデイトレードなどいくつかのトレードスタイルがありますが、みなさんはどのトレードスタイルでトレードしていますか?

もっちゃん

FX初心者の方の中には、どのトレードスタイルでトレードするのが良いのか迷っている方もいるかもしれません。

ということで今回は、トレードスタイルの中でも比較的ゆったりとしたトレードが特徴な、スイングトレードについてお伝えしていこうと思います。

この記事では

もっちゃん

・スイングトレードって何?
・スイングトレードのやり方やコツが知りたい!
・スイングトレードの手法ってどんなのがあるの?

このような悩みを解決しますよ!

この記事を読めば、スイングトレードの特徴コツを理解でき、すぐに実践できる手法を学ぶことができます。

本記事の内容
  • スイングトレードのやり方やコツ
  • スイングトレードのメリットやデメリット
  • スイングトレードでの手法紹介

この記事では上記のようにスイングトレードをやる上で絶対に抑えておきたいポイントを説明していきたいと思います。

もっちゃん

最後にはもっちゃんオリジナルのスイングトレード手法も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでスイングトレードを習得してくださいね!

目次

FXにおけるスイングトレードの特徴とは?

結論を先に言っておくと、スイングトレードはFXを始めたばかりの方に特におススメのトレードスタイルです。

スイングトレードの一番の特徴はズバリ、保有時間が長いということ。

FXのトレードスタイルは基本的に、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードの4つに分類されるのですが、その中でも今回説明するスイングトレードに関しては、FX初心者やまだ負けが続いてる方に特に取り組んでほしいトレードスタイルになります。

他のトレードスタイルとの違い

では、他のトレードスタイルとの違いはどうなのか?それぞれ簡単に見ていきたいと思います。

スキャルピング

初心者大好きスキャルピング!

トレードスタイルの中でも、最も保有時間が短く、短時間の間に何度もトレードを繰り返して利益を積み重ねるスタイルです。瞬時の判断が求められるので非常に難易度が高く、基本的にはやらないほうがいいトレードスタイルになります。

FXの初心者ほどスキャルピングをやりたがる傾向にあります。

もっちゃん

さぁ、FXやるぜ!ガンガントレードするぜ!

という気持ちの表れかもしれませんね。

デイトレード

続いてデイトレード。一番よく聞くトレードスタイルかもしれません。

その名前の通り、数時間~1日前後のポジションを保有するスタイルのことを言います。

非常にバランスの取れたトレードスタイルなので、FXに慣れてきたらこちらのデイトレードに取り組むことをオススメします。

スイングトレード

そして今回この記事で紹介するスイングトレードは、ポジションを数日から数週間ほど保有するトレードスタイルです。

後ほどメリットとデメリットをお話ししますが、スキャルピングやデイトレードに比べてじっくりとトレードチャンスを待つことになるので、普段時間のない方や、他にやりたいことがある人にも向いています。

ポジショントレード(長期保有)

最後はポジショントレード。こちらはあまり耳にしたことがない方もいるかもしれませんが、いわゆる長期にわたってポジションを保有するスタイルです。数週間~数ヵ月保有することもあります。

通貨ペアの金利差によって発生するスワップポイント狙いを目的としたトレードスタイルでもあります。

FXのスイングトレードのメリットとデメリット

では次に、スイングトレードのメリットデメリットは何があるのかを見ていきたいと思います。

内容としては以下になります。

スイングトレードのメリット
スイングトレードのデメリット
  • 余裕をもってチャート分析ができる
  • 波がきれいでダマシが少ない
  • 画面に張りつかなくていいので、他のやりたいことに時間をあてられる
  • 一回のトレード利益が大きい
  • 取引チャンスが少ない
  • 経済指標や世界情勢などのファンダメンタルズに影響されやすい

一つずつ見ていきます。

メリット① 余裕をもってチャート分析ができる

スイングトレードは基本的に大きめの時間足をチェックしてトレードを行います。つまり、チャートが変化するのに時間がかかるので分析する時間も十分に取れます。

スキャルピングなどだと、チャートがすぐに変化していくので瞬時の判断が求められ余裕がほとんどない状態でトレードしなければなりません。

トレードで勝ち続けるためにはチャート分析が必須なので、余裕をもったチャート分析ができるこのスイングトレードこそが初心者の方には特にオススメということです。

もっちゃん

すべてはチャート分析から始まる!

メリット② 波がきれいでダマシが少ない

実際に見てもらうと分かると思いますが、スイングトレードで使用する大きめの時間足は、短期足に比べて特にチャートの波がきれいに見えると思います。

短期足はひげが多かったり、レンジを抜けたと思えば元に戻ってくるダマシが多かったり、ぱっとみでよくわからないチャートになっていることが多いです。

トレードの鉄則として、

「わからないところはやらない。わかりやすいとこだけやればいい」

というものがあります。

ウォーレン・モチャット

目の前に霧がでてきたのなら、爪を研いで霧が晴れるのを待てばいい

長期足をみることで必然的にわかりやすいところを見つけやすくなるので、この面からしても初心者の方にはこのスイングトレードがおススメです。

メリット③ 画面に張りつかなくていいので、他のやりたいことに時間をあてられる

メリット①でも挙げた「余裕をもってチャート分析ができる」ということは、チャートに張り付く必要がなく、チャンスがない時は他のことをする余裕が生まれます

主婦の方なら家事をしたり、他の副業をしたいと思っているならブログを書いたり動画編集などをしてさらに収入原を増やすこともできます。

他の収入源があるというだけでも、トレードに対するメンタルの負荷も和らぐので非常に良いメリットですね。

もっちゃん

このメリットはかなり大きいと思うよ!

メリット④ 一回のトレード利益が大きい(?)

スイングトレードは見る時間足が大きい分、一回のトレードで得られるpipsも大きくなります。数百pipsの利益になるということも多々あります。

もっちゃん

数百pips!すごい!

他のサイトなどでも「スイングトレードは大きな利益が狙えます!」と言っています。

・・・しかし実はこれ半分正解半分間違いでもあります。

ここから少し余談ですが、FXをやるにおいてかなり重要なことなのでお伝えしておきます。

そのトレード、リスクリワードはいくらだったの?

スイングトレードは確かに数百pipsの利益になることが多いのは間違いないです。ですが、問題なのは

「そのトレードでのリスクは一体いくらだったの?」

というところ。

例えば100pipsの利益が出たトレードの損切り幅が50pipsだったとします。

もう一つ別のトレードで、10pipsの利益が出たトレードの損切り幅が5pipsだったとします。

  1. 損切り50pips:利益100pisp
  2. 損切り5pips:利益10pips

ぱっと見①のほうが利益が出ているように見えますが、リスクとリワードの比率はどちらも1:2になります。

つまり、いくら大きな利益であったとしても、その時のリスク(損切り幅)次第では利益率があまりいいとは言えないということになります。

スイングトレードが大きな利益が得られる!というのは、利益に対して損切り幅を狭くできる場合であれば、ということです。

もっちゃん

ここはFXでも超重要なところなので必ず覚えておいてね!

デメリット① 取引チャンスが少ない

続いてはデメリットです。

まず、スイングトレードは大きい時間足を見てトレードするので、必然的に取引のチャンスが少なくなります。

もっちゃん

ガンガントレードしたいぜーーー!

というのはもちろん良くないのですが、トレードチャンスが全然ないのもじれったいですよね。

もっちゃん

なんだかFXって面白くない・・・

と思ってしまうかもしれません。

最終的にはデイトレードをおススメしたいのですが、それでもまずはチャートがきれいで、分析に余裕を持てるスイングトレードを行うようにしましょう。

デメリット② 経済指標や世界情勢などのファンダメンタルズに影響されやすい

スイングトレードのもう一つのデメリットは、世界情勢などファンダメンタルズが影響してくるということです。

スキャルピングやデイトレードなどの短い期間でのトレードだと、あまり影響はないのですが、スイングトレードのように長期的にポジションを保有する場合は、要人発言や世界的な経済状況の変化のリスクにさらされることになるので注意が必要です。

もっちゃん

逆に言うと、ファンダメンタルズ分析ができればスイングトレードは有利だね!

FXのスイングトレードで使う時間足はどれ?

スイングトレードは比較的大きめの時間足をチェックします。

はっきりとした決まりはないのですが、スイングトレードでは4時間足以上の足をチェックすることをオススメします。

  • 月足
  • 週足
  • 日足
  • 4時間足

月足や週足で全体の環境認識を行い、日足や4時間足でエントリーしていく流れなどが挙げられるでしょう。(もちろん一つの例です)

また、かなり難易度が高くなりますが、月足~日足の流れに対して、1時間以下の足でエントリーし、月足~日足のトレンドに乗っていくというトレードが出来れば大きく利益を伸ばすことも可能です。

もっちゃん

かなり難しいので、最初はそこまで考えなくてもいいよ!そういうトレード方法もあるということを頭に入れておけばOK!

FXのスイングトレードにおすすめの通貨ペアは?

では、スイングトレードで扱う通貨ペアはどれがいいのでしょうか?

どのトレードスタイルでもそうですが、基本的には流動性が高いEURUSDUSDJPYなどのメジャーな通貨ペアがオススメです。

ただ、スイングトレード自体チャンスが少ないので、メジャーな通貨がからんでいる他の多くの通貨ペアを監視するのもアリだと思います。(USD・JPY・GBP・AUDなど)

その際は実際の各通貨ペアの過去チャートを検証してからトレードするようにしましょう。

FXのスイングトレードのテクニックやコツ

ここではスイングトレードをうまく行うためのコツテクニックをいくつか紹介していきたいと思います。

  1. トレンド方向への順張りを行う
  2. ポジションの量を抑える
  3. 損切りは確実に設定する
  4. 損切り幅に余裕を持たせておく
  5. エントリー後はチャートをできるだけ見ない

一つずつ見ていきます。

①トレンド方向への順張りを行う

トレードの種類には、トレンド方向へトレードする順張りと、トレンドの方向とは逆方向へトレードする逆張りの2種類があります。

基本的にはトレンドが出ている方向へ仕掛けていくことが利益を出しやすいです。

デイトレードやスキャルピングなどの短い足であれば逆張りを取り入れて利益を重ねていくことも必要になってきますが、スイングトレードでは大きなトレンドが発生することが多いので、素直にトレンドに乗る順張りを行うようにしましょう。

②ポジションの量を抑える

スイングトレードは大きな時間足を見てトレードすることになるので、必然的に損切り幅が大きくなります

デイトレードやスキャルピングと同じようなポジションの量でトレードすると、資金があっという間に減ってしまうので、しっかりと資金管理を行い、自分の許容量にあったポジションを持つようにしましょう。

資金管理に関しては以下の記事で徹底的に解説しています。退場したくない方はぜひ一度読んでおいてくださいね

③損切りは確実に設定する

スイングトレードに限らずですが、損切りは確実に入れておくようにしましょう。

もっちゃん

twitterなどを見てても、損切りを設定していない人が結構います・・・。そういう人はいつの間にかtwitter上から消えています(怖

損切りをしない手法を使ってる人も見かけますが、100%いつか資金を飛ばすことになるので、早いうちから損切りを設定できるようになっておきましょう。

もっちゃん

損切りしないはダメ、ゼッタイ!

④損切り幅に余裕を持たせておく

何度もお伝えしてますが、スイングトレードは損切り幅が大きくなるので、小さい損切り幅に設定しておくとすぐに損切りになってしまいます。ある程度幅は持たせておきましょう。

もちろん、直近の高安に設定するなど、根拠のある損切り設定をしましょう。

⑤エントリー後はチャートをできるだけ見ない

スイングトレードは決済までに比較的時間がかかるので、エントリー後はあまりチャートを見なくても問題ないです。

チャートを頻繁に見てしまうと値動きが気になってしまい、事前に決めていた決済ポイントをずらしたくなったり、損切り位置を遠くにやってしまう恐れがあります。

あらかじめ損切りと決済ポイントは決めておき、できるだけチャート見ないでいいようにしておきましょう。

移動平均線を使ったFXのスイングトレード手法紹介!

では最後に、シンプルなスイングトレードの手法を紹介します。実際にもっちゃん自身が過去検証したことがある手法でもあります。

チャート設定は

  • 使用チャート:4時間足
  • 表示インジケータ:20SMA・120SMA(日足の20SMAと同じ)

続いてルールですが、

STEP
4時間足チャートでトレンドが発生していることを確認
STEP
120SMA(日足の20SMAと同じ)で反発を確認(グランビルの法則
STEP
20SMAをトレンド方向へ抜けたのを確認
STEP
20SMAへの押し(戻り)でエントリー

損切りの位置は直近高安に設定。利確は20SMA逆抜けやダウ理論で判断した4Hの押し安値(戻り高値)抜けなどがいいと思います。

実際のチャートで見ると以下のようなポイントになります。

大事なのは

  • トレンドが発生してる場面で機能しやすい(スイングトレードは順張りが良い)
  • レンジの場面は様子見する

どんな手法もそうですが、分かりやすい場面でのみトレードするようにしましょう。

もっちゃん

トレードする際は必ず過去検証をおこなってくださいね!

今回紹介した手法をそのまま使うのではなく、しっかりと検証して、自分なりのルールを作り上げましょう。今回の手法は参考程度にしてくださいね。

スイングトレードにおすすめのFX口座はここ!

スイングトレードを行うにあたってオススメなのがもっちゃんも利用中のXM Tradingという口座を利用することです。

このXM Tradingは最低10通貨単位(100pips動いて10円)から始めることができるので、資金をほとんど減らさずにリアルトレードでの経験を積むことができます。

また、今なら無料口座開設で3000円がボーナスとしてもらえるので資金0から実践できます。

ぜひXM Tradingを利用してみて下さいね!

\今すぐ登録で3000円もらえる!/

FXのスイングトレードのやり方まとめ

それでは、最後にもう一度まとめておきます。

スイングトレードまとめ
  • スイングトレードはポジションを長く保有するトレードスタイル
  • 余裕をもってトレードできるスタイル
  • チャンスが少ないので、多通貨ペアを監視するとよい
  • トレンド方向へトレードしていこう!

特にFXを始めたての方は、まずこのスイングトレードでチャートをしっかり分析できるようになっておくことをオススメします。

今回お伝えしてきたスイングトレードのメリットやデメリットを理解し、コツをしっかりとおさえてトレードしてみてくださいね!

もっちゃん

それでは今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

XMTrading

おすすめFX口座 XMTrading

  • 入金ボーナス最大50万円もらえる!
  • 最大レバレッジ888倍で資金倍増も!
  • ゼロカットシステムで資金がマイナスにならない!

\もっちゃんも使用中!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる