大好評!【誰でもほぼ同じ位置に波を引く方法】公開中!詳しくはコチラ!

【簡単】FXの資金管理は結局これだけやればOK!誰でもできる簡単な方法も紹介します!

資金管理って・・・めんどくさくないですか?

もっちゃん

こんにちは!もっちゃん(@mottyanda)です!

今回はFXの資金管理について話していきたいと思います。

もっちゃん

・FXの資金管理って何?
・資金管理って結局何すればいいの?
・資金管理に便利なツールとかあるの?

このような方の疑問を解決しますよ!

プロフィール

よく、

もっちゃん

「FXは資金管理が大事!」

もっちゃん

「手法なんかより資金管理を徹底しろ!」

という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。

でも、なんか資金管理って難しいイメージがしませんか?

それに、

もっちゃん

で、結局資金管理って何すればいいの?

と思う方もたくさんいると思います。

結局資金管理をよくわからないまま行わず後回しにしてしまい、自分の口座資金を飛ばしてしまう方も多くいます。

  • コツコツと利益を積み上げてきたにもかかわらず、損切りが出来ずにたったの一日で資金を溶かしてしまった人
  • 一回のトレードでフルレバレッジで口座資金を飛ばしてしまう人

このような方々を今までにtwitterなどで数多く見てきました。

正直めんどくさい・・・と思う人も多いでしょう。気持ちはわかります。

しかし、FXをやるにあたってこの資金管理というのは、できるだけFXを始めた最初の段階から取り組んでもらいたいほど重要な項目です。

ということで今回は資金管理について、多くの人が退場しないためにも徹底的にかつ、わかりやすく解説していきたいと思います。

この記事を読んで得られるものは次の通りです。

この記事から得られるもの
  • FXで重要な資金管理について理解できる
  • 具体的な資金管理方法がわかる
  • 誰でも簡単に資金管理をする方法がわかる

というのも、実際に僕自身FXを始めてから今までの間、一度もFX口座の資金を飛ばしたことがありません。

これは、今回お話しする資金管理を、FXをやり始めた当初からしっかりと行い続けてきたからだと思っています。

今回はその経験をふまえて、この記事でしっかりと説明していきます。

本記事の内容
  • FXにおける資金管理とは?
  • 資金管理はこれだけ覚えればOK!
  • 資金管理の具体的な方法や簡単に計算する方法を紹介
  • 様々な資金管理の方法を紹介

この記事では上記のような資金管理について徹底的に、そしてわかりやすく説明していきます。

最後まで記事を読むことによって、あなたはもう口座の資金を飛ばすなんてことはなくなるはずです。

そして、利益を着実に積み上げられるようになるでしょう!

ぜひ最後まで読んで実践してみてくださいね!

もっちゃん

それでは早速見ていきましょう!

目次

FXにおける資金管理とは?

ではまず資金管理とは?

簡単に言うと、

大事なトレード資金をなくさないようにしつつ、資金を積み上げていくために行う取り組み

になります。

相場の値動きはコントロールできませんが、自分の資金は資金管理を行うことによってコントロールすることができます

もっちゃん

トレードするにあたって唯一自分でコントロールできるところだね!

FXの3つのM

FXには重要な3つのMというものがあります。

  • 手法(Method)
  • 資金管理(Money)
  • メンタル(Mental)

この三つはどれも重要・・・というよりFXで勝ち続けるために絶対に必要なものです。

手法とメンタルに関しては他の記事で解説していますのであわせて読んでみてくださいね

そして、今回お話しする資金管理については、この三つの中でも特に一番最初に学んで取り組んでおくべき項目だと言っていいでしょう。

なぜなら良い手法を学んでも、メンタルが強くても、資金管理をしっかり行っていないと資金を増やし続けることは困難だからです。

資金がなくなっては元も子もありません。

まずは、しっかりと資金管理を身につけておきましょう!

もっちゃん

ぜひ最後まで読んで身につけてくださいね!

様々な資金管理方法。その中で最も大事なのは?

資金管理というのは、損失が出たとしても資金を大きく減らさないようにする取り組みです。

そして、そのための方法は様々あります。

  • 少額でトレードする
  • 一定期間の許容損失額を決めておく
  • 一貫したルールでトレードする
  • etc…

などなど、どれも非常に重要ですが、全部同時にやろうとするのは正直大変です。

できれば全部やるべきなのですが、他を置いてでもこの一つだけは絶対にやってもらいたいものがあります。それが

一回のトレードでの許容損失額(リスク)を口座資金の2%にする

これが最も重要になります。

僕自身もこれだけはFXを始めた当初から実践しており、おかげで一度も資金を飛ばしたり退場することなくトレードを続けられています。

資金管理は確かに面倒くさいイメージがあるかもしれません。しかし、それでもこれだけは絶対に覚えて実践してもらいたいです。

勝ちトレーダーのほとんどの方がこれを当たり前のように行い、損失を押さえつつ利益を積み上げていっています。

もっちゃん

資金管理はコレ!と言ってもよいくらい重要なので、ぜひ覚えて実践してみて下さいね!

FXにおける資金管理方法!これだけやればOK!

ということで、資金管理の中で最も重要である、

一回のトレードでの許容損失額(リスク)を口座資金の2%にする

ということについて解説していきたいと思います。

そもそもなぜリスクは2%がいいのか?

資金管理方法を説明していく前に、そもそもなぜ一回のトレードでの許容損失額(リスク)を口座資金の2%に設定するのがいいのか?

この2%ルールというのは、投資苑2(とうしえん)という投資界隈ではかなり有名な本に載っており、多くの勝ちトレーダーの方達が実際に活用しています。

もっちゃん

もっちゃん自身も、今までFXをやってきた中で何度も何度もこの2%ルールを耳にしてきました

多くのトレーダーが実際に活用している資金管理法なので信ぴょう性も高く、口座の資金を絶対に飛ばしたくない!と思っている方にはかなりおススメの方法です。

また、基本的には2%という設定が良いのですが、自分で勝率が高いと思うポイントであれば3%や5%など多少のリスクを取っていくのも、効率的に資金を増やすためには大事です。

自分のトレードルールに自信がついてきたら少しずつリスクを調整してトレードしていきましょう!

もっちゃん

これも立派な資金管理ですよ!

2%リスクの具体的な計算方法

ということで、ここからは2%リスクの計算方法をわかりやすく説明してきます。

ここがこの記事のメインなのでしっかり覚えて下さいね!

・・・しっかり覚えて下さいねと言いましたが、後ほど簡単に計算する方法をお伝えするので計算式は覚えても覚えなくてもOKです。

もっちゃん

ざっくりと流れだけはみておいてください!

①まずは許容損失額(資金の2%)の計算

これはシンプルです。

許容損失額を総資金の2%に設定すると

  • 総資金が10万円:10万円✕2%=2000円(損失額)
  • 総資金が100万円:100万円✕2%=20000円(損失額)

このようになります。

もっちゃん

これは簡単だね!

では、続いて一度損切りした後のトレードについてを考えてみましょう。

  • 1回目時点の総資金10万円✕2%=2000円(損失額)10万円-2000円(損切り)=98000円
  • 2回目時点の総資金98000円✕2%=1960円(損失額)
  • 3回目時点の総資金96040円✕2%=1920円(損失額)
  • 4回目時点の総資金94120円✕2%=1882円(損失額)

このように、現時点での総資金に対しての2%で損失額を計算していくので、1トレードで取ることのできる許容損失額も減っていきます。

なのでそう簡単に口座の資金がなくなることはないでしょう。

【1か月単位で許容損失額を決めるのもアリ】

基本的には上記のようにその都度総資金に対しての損失額を計算をした方が良いのですが、毎回毎回総資金を確認して計算するのが面倒な場合、一か月の始め時点での総資金に対しての2%を計算しておき、その一か月間はその損失額でトレードするという考え方もあります。

もちろんその分リスクは高まるので、ある程度自分のルールが固まってからのほうが良いでしょう。

②損切り幅によってポジションサイズを変える

総資金に対しての2%の計算はそこまで難しくなかったと思います。

そして次に必要な計算が、

そのトレードにおける損切り幅によってポジションを変える

ということ。

損失額は総資産の2%で固定です。しかし、多くの場合損切りの幅(pips)はトレードによって毎回違いますよね?

もっちゃん

自分の中で根拠が崩れた位置に損切りを置くのが一般的ですね

例えば以下の図のように、同じようなエントリーポイントだったとしても、その時の相場や通貨ペアによってボラティリティ(価格の変動率)が変わってくるので、根拠が崩れるポイントまでの損切り幅が大きく違うこともあります。

このような場合、前もって計算しておいた許容損失額で損切りするとなると、損切り幅を狭くするしかありません。

つまり、以下の図のように根拠のないところで損切りすることになってしまう可能性が高くなります。

こうなると、損切り貧乏になってしまったりなどと無駄な損失を増やしてしまうことにもなります。

ということで、そのためにやらないといけないのが、そのトレードの損切り幅によってポジションサイズ(ロット)を変えるということです。

ではここからその計算方法を説明していきたいと思います。

もっちゃん

計算が若干めんどくさく感じるかもしれませんが、後で簡単に計算できる方法を紹介するので、ざっと読み進めてもらえばOKですよ!

まず、計算方法を説明する前に一つだけ押さえておいてもらいたいのが、

クロス円(ドル円含む)で取引する場合の計算方法と、クロス円以外の通貨ペアで取引する場合の計算方法が少し違うということです。

これだけ頭においてもらって、早速計算方法を紹介していきます。

①クロス円(ドル円含む)で取引する場合の計算方法

まずクロス円(ドル円含む)でトレードする場合の計算方法ですが、計算式は以下になります。

  • 【総資金✕2%】÷損切り幅(pips)÷100=ロット数(万通貨)

【】の部分については先ほど計算した1トレードにおける損失額ですね。

それを損切り幅で割ってさらに100で割ればそのトレードでの必要ロット数が出ます。

後ほど話しますが、ピンクの100の部分がクロス円とそれ以外の通貨ペアでの違うポイントになります

では具体例を出してみましょう。

ドル円のトレードで、総資金が100万円あり、リスクは2%に設定。損切り幅は10pipsの所に置こうと思います。計算式は、

  • 100万円✕2%(=2万円)÷10(pips)÷100=20万通貨

ということで、このトレードでは一回のリスクが2万円になり、20万通貨で取引を行えばよいということになります。

もっちゃん

理解できなくても大丈夫なので引き続き読み進めて下さいね!

②クロス円以外の通貨ペアで取引する場合の計算方法

続いてはクロス円以外の通貨ぺアでトレードする場合の計算方法になります。計算式は、

  • 【総資金✕2%】÷損切り幅(pips)÷対応するクロス円の現在値=ロット数(万通貨)

基本的には一つ前に行ったクロス円での計算式と一緒ですが、一か所だけ違います。

クロス円の場合はピンク文字の部分を「100」で計算していましたが、クロス円以外の場合はここに、対応するクロス円の現在値を入れて計算します。

対応するクロス円というのを簡単に説明すると、

トレードする通貨ペアの右側に書かれてる通貨と同じクロス円になります。

  • (トレードする通貨ペア)EURUSD=USDJPY(対応するクロス円)
  • EURGBP=GBPJPY
  • GBPAUD=AUDJPY
  • USDCHF=CHFJPY

ということで具体例を挙げてみたいと思います。

ドルカナダのトレードで、総資金が50万円あり、リスクは2%に設定。損切り幅は13pipsの所に置こうと思います。計算式は、

  • 50万円✕2%(=1万円)÷13(pips)÷90(カナダ円の現在値)=8.5万通貨

なので、このトレードでは一回のリスクが1万円になり、8.5万通貨で取引を行えばよいということになります。

また、トレードする通貨ペアがUSDCADなので、CADJPYの現在レートを使用することになります。

ということで、ここまでが2%リスクの計算方法でした。

正直、計算式覚えたり計算したりするのめんどくさいですよね?

もっちゃん

その気持ちわかります・・・

そこで、めんどくさがりのあなたへ!

この後、簡単に計算ができる方法をこの後紹介しますので心配なく。

資金管理のロット計算はツールで簡単!

ここまで紹介してきた資金管理の2%リスクの計算方法は、ツールを使用することで簡単に計算することができます。

特に、エクセルアプリを使うのがおすすめです。

もっちゃん

それぞれ使い方を紹介するのでぜひ活用してみて下さいね!

エクセルでポジションサイズ計算

今回エクセルでポジションサイズ計算表を簡単ですが作ってみたので、使いたい方がいれば以下からダウンロードして使ってみてください。

>>>ポジションサイズ計算表ダウンロード<<<

使い方ですが、

  1. 総資金を入力
  2. 1トレードのリスク(%)を入力
  3. クロス円(ドル円含む)の場合100を入力。クロス円以外の場合、対応するクロス円の現在値を入力
  4. そのトレードの損切り幅を入力(

ここまで入力すれば右側の、1トレードの損失額ロット数が自動的に表示されます。

もっちゃん

先ほど解説した計算方法を参考に、ご自身で使いやすいように自作していただいてもいいと思います!

アプリでポジションサイズ計算(オススメ!)

続いてはアプリでポジションサイズを計算する方法です。

もっちゃん

実はこっちのほうがめっちゃ楽なので、今回はこちらをオススメします!

アプリに関してはいろいろあるのですが、もっちゃん自身が使ってるのが、こちらのアプリです。

Forex Calculators

では、使い方を説明します。

最初にアプリを開くとこのような画面になってると思うので、右上の「三つの点マーク」を押します。その中から「Settings」を選びます。

その後「Language」を押し、「日本語」に変更します。

続いて「アカウント通貨」の部分を「JPY」に変更します。

基本設定はここまで大丈夫です。

後は各項目を入力して「計算する」を押せば損失額やポジション単位やロットなどが表示されます。

使い方の説明は以上になります。

もっちゃん

非常に便利なのでぜひ使ってみて下さいね!

ポジションサイズの計算に時間をかけるより、トレード分析に時間をかけるほうが大事なので、エクセルやアプリを使って資金管理の計算を行い、手間を省けるところはとことん省いていきましょう!

その他の様々な資金管理方法を紹介

ここまで、資金管理の中で最も重要である2%リスクについてお伝えしてきました。

もっちゃん

これをやるだけでも十分です。簡単に資金を飛ばすことはないでしょう!

しかし、前述したように資金管理方法は他にもあります。なんだかんだ言って、他の資金管理方法もめっちゃ大事なので、ぜひ実践しておきたいところです。

ということで、最後に以下の4つの資金管理についてざっと解説していきます。

  1. 生活の余剰資金をFXの資金にまわす
  2. 少額でトレードする
  3. 一定期間の許容損失額を決めておく
  4. 一貫したルールでトレードする

①生活の余剰資金をFXの資金にまわす

これは資金管理というより、FXをやるにあたっての大前提と言ってもいいかもしれません。

FXは必ず生活資金とは別のお金を使って行うようにしましょう。生活資金を使ってまでFXをやってしまうと、

もっちゃん

生活のために損失を出してはいけない・・・!

もっちゃん

来月生活できなくなるかもしれない・・・どんどんトレードしないと!

メンタルにまで影響してしまい、損切りが出来なかったりと本来のトレードを行うことができなくなります。

FXは必ず生活費以外の余剰資金で行いましょう。

もっちゃん

まさか、あなたは生活資金をFXの資金にまわしてたり、借金をしてまでトレードしていませんよね?

②少額でトレードする

資金をできるだけ減らさない方法は少額でトレードすること。

シンプルすぎて、当たり前と言えば当たり前ですがこれも本当に大事です。

特にFXを始めたばかりの時や、ルールが全く定まっていない時は必ず少額で行うようにしてくださいね。

少額トレードを行うにあたってオススメなのがもっちゃんも利用中のXM Tradingという口座を利用することです。

このXM Tradingは最低10通貨単位(100pips動いて10円)から始めることができるので、資金をほとんど減らさずにリアルトレードでの経験を積むことができます。

また、今なら無料口座開設で3000円がボーナスとしてもらえるので資金0から実践できます。

ぜひXM Tradingを利用してみて下さいね!

③一定期間の許容損失額を決めておく

ここまでにお伝えしてきたことを実践したとしても、もしかすると損がどんどん積み上がっていく場合もあるかもしれません。

そのためにも、一定期間での許容損失額をあらかじめ自分の中で決めておくことも大事です。

例えば

  • 一日で1万円負けたらその日はトレードしない
  • 一か月で10万円負けたら次の月はデモトレードにする

など、短期間の間に一定の損失額に達成した場合は一旦時間を置くようにしてみましょう。

もしかすると、連敗してしまうのは仕事の疲れで気づかないうちにいつもと違うトレードをしているのかもしれません。また、トレードルール自体が今の相場に合っていないのかもしれません。

FX以外でもそうなのですが、疲れたときや思うようにいかない時は一旦休むのをオススメします。

もっちゃん

その時は、だまされたと思ってぜひやってみて下さい![

④一貫したルールでトレードする

これは資金管理に直接関わることではないのですが、トレードする上で最低でもある一定期間は同じルールでトレードすることが重要です。

例え、まだルールが定まっていなかったとしても、むしろルールが定まっていない時ほど一定期間は同じルールで行うべきです。

なぜなら途中でトレードのやり方を変えてしまうと、損切りや利確の設定も変わってくると思いますし、勝率も変わってきます。

すると資金管理がうまくできなくなってくる可能性もあるので、ルールはコロコロと変えず、できるだけ一定期間は同じもので行いましょう。

もっちゃん

自分のルールが固まってくれば後はひたすらそのルールを使い続けるのがFXというお仕事です

FXの資金管理についてのまとめ

それでは、最後にもう一度まとめておきましょう。

資金管理まとめ
  • 資金管理の中で一番大事なのは一回のトレードでのリスクを口座資金の2%にすること
  • アプリなどを使ってサクッと計算するべし!
  • 少額でのトレードや一定期間の許容損失額を決めるなどして、さらに資金を減らさない工夫をする

ということで、FXの中でも最重要項目である資金管理について解説してきました。

手法などももちろん大事ですが、まずはこの資金管理をしっかり身につけて資金を減らさないようにし、トレード経験を積み、勝ち続けられるトレーダーになるよう頑張っていきましょう!

もっちゃん

それでは、今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

XMTrading

おすすめFX口座 XMTrading

  • 入金ボーナス最大50万円もらえる!
  • 最大レバレッジ888倍で資金倍増も!
  • ゼロカットシステムで資金がマイナスにならない!

\もっちゃんも使用中!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる