FX 初心者

ロンドン時間の特徴を知ってる?FXをやるなら必ず理解しておこう!

 

もっちゃん
もっちゃん
こんにちは、もっちゃん(@mottyanda)です

 

今回は、FXにおける3大市場の一つである「ロンドン市場」の時間に関しての特徴などを説明していきたいと思います。

ロンドンニューヨークの3大市場の各時間帯の特徴を知ることも、優位性のあるトレードを行う上で重要になってきます。

ロンドン市場の開いている時間に関しては、注目している人も多く相場の流れが変わりやすい時間でもあるので、しっかりとその特徴を掴んでおくことが大事になってきます。

 

もっちゃん
もっちゃん
では、早速見ていきましょう!

ロンドン時間とは?

まず、ロンドン時間とは世界三大市場の一つのロンドン市場が開かれる時間帯で、日本時間でいう夕方16時頃~0時頃までになります。(為替相場の時間は、はっきりと決まっていないので多少の誤差はあります)

世界には3大市場以外にもいくつかの市場があります。ロンドンの近くにはドイツのフランクフルト市場スイスのチューリッヒ市場などがありますが、その中でもロンドン市場での取引がほとんどを占めているので、まとめてロンドン市場(時間)と呼ばれることが多いということです。

ドイツのフランクフルト市場と、スイスのチューリッヒ市場が開かれるのは日本時間15時頃で、ロンドン市場は16時頃から開きます。(夏時間の場合)

※夏時間と冬時間の違いについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

FXの夏時間(サマータイム)はいつから?冬時間との違いも解説!FXにおける夏時間(サマータイム)と冬時間(標準時間)の違いについてわかりやすく説明します。この違いを知っておかないと想定外の損失を被ることにもなります。しっかりと覚えておきましょう!...

ロンドン市場の取引量は世界No.1!

ロンドン市場(イギリス)では取引される外国為替の取引量がアメリカよりも多く、1日あたり2.5兆ドルほどもあります。(国際決済銀行 BIS調べ)

取引額
イギリス約2.5兆ドル
アメリカ約1.3兆ドル
シンガポール約5000億ドル
香港約4500億ドル
日本約4000ドル

 

ロンドン市場が取引量が多い理由

イギリスは19世紀頃まで「世界の工場」といわれるほどで、世界経済を引っ張っており、世界中の通貨がその頃からロンドンで取引され、戦前までロンドンが国際金融の中心でした。戦後はアメリカが国際金融の中心になり今に至っています。

もっちゃん
もっちゃん
それにしても、外国為替の取引量ってめちゃくちゃでかいんだね!

ロンドン時間の主要通貨

ロンドン時間に取引されるメインの通貨は「ユーロ」になります。

ロンドン=イギリス=ポンド というイメージで「ポンド」のほうが取引量が多く思うかもしれませんが、世界における通貨自体の取引量は

  1. ドル
  2. ユーロ
  3. ポンド

の順番になっているので、ロンドン時間は特に「ユーロ」が主要通貨になるのです。

通貨ペアでいえばやはり、ドルとユーロの組み合わせの「ユーロドル」が一番取引される通貨ペアということになり、次にドル円・ポンドドルという順番で取引量が多いと言われています。

https://mottyanfx.com/osusumepea

ロンドン時間の特徴について

ロンドン時間は、ヨーロッパの数多くの国が参加するのと、最初は日本時間、最後がニューヨーク時間と重なるので非常に取引が活発になります。

日本時間は3大市場の中でもそこまで値動きが大きくないという特徴があるので、レンジになりやすかったりもします。(もちろん大きく動くこともあります)

日本時間からロンドン時間に変わるタイミングあたりから、欧州の機関投資家大口トレーダーなどが参加してきて、それまでの東京時間の流れを一気に変えてくることが多いです。

また、ロンドン時間とニューヨーク時間がかぶる時間帯は一日で最も多くの取引が行われる時間になり、値動きがさらに活発になります。米国の経済指標などもあり乱降下することも多くなります。

このロンドン時間にトレードをする場合は、しっかりとしたポジション管理や資金管理が必要になってきます。これを怠るとあっという間に資金を減らしロスカットになってしまいます。

退場だけはしないようにしっかりと意識しておきましょう。

FXの退場率は9割?退場する理由と対策を知る!残りの1割になろう!FXの世界では9割の人が退場すると言われています。では退場しないためにはどうすればいいのか?退場する理由と対策を紹介します!ぜひ実践してみて下さい。...
もっちゃん
もっちゃん
退場だけは絶対にしないでね・・・

ロンドンフィックスとは?

ロンドンフィックス(London Fix)という言葉を聞いたことがありますか?

これは、ロンドン市場が閉じる時間で、日本時間でいう0時頃のことです(冬時間は1時)。日本で言うところの仲値と同じ意味で、その日のロンドン市場の為替レートが決まる時間帯になります。

このロンドンフィックスの前は大口の取引が行われたりと、値動きが激しくなる傾向にあるので新規でポジションを取る場合や、保有ポジションの管理には十分に気を付けたい時間になります。

経済指標や要人発言に注目

ロンドン時間は経済指標要人発言にも注目が集まります。

欧州の中央銀行であるECBやイギリスの中央銀行であるBOEの政策金利が発表される時間帯は特に注意が必要になってきます。

また、ここ数年ではイギリスのEU離脱問題など世界的にも大きな影響を及ぼす出来事もあり、これらの動向にも目を向けておかなければいけません。

ロンドン時間のチャートを確認してみよう

では、東京時間からロンドン時間に変わる15時~16時頃の値動きを実際のチャートで確認してみましょう。

(少し見にくいかもしれませんが)

黒の縦線がロンドン時間がスタートする時間帯です。ほとんどの場合そこから大きく動き出していることがわかると思います。

この動きを利用してトレードすることも可能ですが、しっかりと損切りを設定するなどしてリスク管理をしながら、急な値動きに備えつつトレードしていくことが重要になってきます。

FXで損切りしない人やできない人必見!目安のラインはここだ!FXのトレードで損切りがなかなかできない人も多いのではないでしょうか?そのような方のために、損切りの必要性や損切りのオススメポイントを紹介しています!...

ロンドン時間についてのまとめ

以上がロンドン時間についてになります。

まとめますと

  • ロンドン時間(ロンドン市場)の取引量は世界No.1!
  • 他の国の市場が開いている時間と重なる部分が多いため非常に取引が活発
  • 経済指標や要人発言で大きく値動きが動く可能性大

ロンドンの時間帯は一日の中でも特によく動くので、初心者の方など何も準備せずにトレードをしてしまうと痛い目にあう可能性があります。

ルール作りや資金管理などの準備をしっかりと行ってからトレードするようにしましょう!

では、今回は以上になります。

 

FX歴8年のもっちゃんも利用中のFX口座【XM】

\すでに多くの勝ちトレーダーが利用中!/

①口座開設で無料で3000円もらえる!

②入金ボーナス最大50万円分もらえる!

③少ない資金からも大きなトレードが可能なレバレッジ888倍

④口座残高がマイナスにならないゼロカットシステム

超少額からのトレードも可能!

\今ならこちらからの口座開設で、無料で3000円もらえる!/

無料口座開設で3000円を受け取る!

もっちゃん
もっちゃん
XMについての詳しい内容や口座開設方法に関しては、こちらの記事で徹底解説していますので、ぜひ読んでみて下さいね!

XMの評判を徹底解説!10つもメリットがある?海外FXが危険というのは思い込み!XMの評判について、メリットやデメリットを徹底的に紹介しています。国内FX口座しか持っていない方は特に必見です!必ずXMを使いたくなる理由がこの記事にはありますよ。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です