FX 初心者

ニューヨーク時間(アメリカ時間)は要注意?FXをやる上でしっかりと特徴を理解しておこう!

 

もっちゃん
もっちゃん
こんにちは、もっちゃん(@mottyanda)です

今回はニューヨーク時間についての特徴などを書いていきたいと思います。

世界にはいくつかの為替市場がありますが、その中でも最も変動量が多いと言われているニューヨーク市場

そのニューヨーク市場が動く時間帯であるニューヨーク時間について、必ず押さえておきたい内容を簡単ですがまとめてみましたので、ぜひ最後まで見てみて下さい。

 

もっちゃん
もっちゃん
では、早速見ていきましょう!

ニューヨーク時間とは?

世界三大市場の内の一つであり、ドルが主役通貨として取引されているニューヨーク市場。

世界基軸通貨であるドルが主役というだけあって、ニューヨーク市場が開いている時間は、為替相場が非常に活発になる時間帯になります。ボラティリティもかなり高くなる時間です。

ただし、取引量だけに関していえばロンドン市場が世界一になります。こちらのロンドン時間についての記事を併せて読んでいただくと理解が深まると思います。

ロンドン時間の特徴を知ってる?FXをやるなら必ず理解しておこう!ロンドン時間の特徴を知っていますか?一日の中でも重要なこの時間。FXをやる上で必ず知っておいて欲しいこのロンドン時間についてわかりやすくまとめてみました!...

ニューヨーク市場は日本時間で21:00頃から開きます。これは夏時間の場合で、冬時間は一時間遅い22:00頃から開きます。夏時間と冬時間の違いについては下の記事で紹介しています。

FXの夏時間(サマータイム)はいつから?冬時間との違いも解説!FXにおける夏時間(サマータイム)と冬時間(標準時間)の違いについてわかりやすく説明します。この違いを知っておかないと想定外の損失を被ることにもなります。しっかりと覚えておきましょう!...

ニューヨーク時間の特徴

ニューヨーク時間は一日の中でも最も市場参加者が多いとされています。ここからはニューヨーク時間である日本時間21:00~の特徴をポイント毎に分けて説明していきたいと思います。

日本時間21:00~2:00頃

まずニューヨーク時間が始まる日本時間21:00頃からは、世界最大の取引量を誇るロンドン市場も開いており、その二つの時間帯が重なることになるので世界でもかなりの割合のトレーダー達が参加してくる時間帯になります。

この時間はトレンドが発生することも多く、スキャルピングなどの短期トレードでも利益を取りやすい時間帯でもあります。(ただし、FX初心者にはスキャルピングはおすすめしません

日本人の普通のサラリーマンの方だと、ちょうど仕事が終わって家に帰りつく頃がその時間帯なので、スキャルピングをやる人にとってはベストタイミングでもあります。

また、0:00にはその日のロンドン市場の為替レートが決まる時間帯であるロンドンフィックスがあり、この時間の前後では値動きがさらに大きくなる可能性があります。

日本時間2:00~6:00頃

日本時間で2:00頃になると大口トレーダーや機関投資家が少しずつ撤退していくため、落ち着いた値動きになる傾向にあります。

この時間になると日本人ならほとんどの人が既に夢の中だと思います。

日によっては、この2:00~3:00あたりにアメリカの重要指標が発表されることもあるので、夢の中に入る前までにしっかりとポジション管理をしておくことが大事になってきます。

もっちゃん
もっちゃん
トレードよりも睡眠が大事だよ!

アメリカの経済指標や休日を把握しておこう

毎日のように世界各国で経済指標が発表されますが、特にニューヨーク市場が開かれてるこの時間帯は重要な指標が盛りだくさんです。

アメリカで発表される経済指標には様々なものがありますが、その中でも特に重要なものをここで紹介させていただきます。

雇用統計

キングオブ経済指標ですね!

毎月第一週目の金曜日に発表される重要指標で、アメリカの経済指標の中では最も相場に影響を与えると言われています。

サマータイムの期間だと日本時間の21:30、冬時間は22:30に発表されます。世界中のトレーダーが注目していて、最近ではyoutubeなどでもよくライブ配信を行っている方達がいますね。為替相場の月に一度のお祭りみたいな感じで楽しんでいる方もいます。

ですが、やはり相場に大きな影響を与えるので、一瞬で100pips以上動くこともしばしば。雇用統計の発表前後ではスプレッドも大きく開くのでポジションを持つ際はしっかりと資金管理を行わないといけません。

基本的には発表の前後は新規でポジションを持たないようにしましょう。根拠があるのならいいですが、何も考えないでこういう値動きが出そうなところでポジションをもつのはただのギャンブルトレードでしかありません。

安定して勝ち続けるトレーダーになるためにはギャンブルトレードはやめて、しっかりと根拠のあるトレードを続けていきましょう!

もっちゃん
もっちゃん
あなたはギャンブルがしたいのですか?

FOMC(米連邦公開市場委員会)

こちらは雇用統計に次いで注目を集めている、FRB(アメリカの中央銀行)の金融政策を決定する会合です。

約6週間ごとに年8回、2日間にわたって開催されます。政策金利についてなどの声明文の発表や議長の発言などが行われ、そこに注目が集まっています。今後の相場の流れをつくるきっかけにもなるので、雇用統計と合わせて注目しておきたい重要指標になります。

金利に関わる発表や発言は相場は敏感に反応するので、内容次第では大きく相場は動くことも多くあります。

 

このようなアメリカの経済指標は、特にドルがらみの通貨ペアであるドルストレートに強く影響を及ぼします。もちろんドルストレートだけでなく、他の通貨ペアにも大きな影響を及ぼすこともあるので、毎日の指標チェックは欠かさないようにしましょう!

朝起きてまず最初にその日の経済指標をチェックすることから始めることをおすすめします。

もっちゃん
もっちゃん
もっちゃん自身も朝に欠かさずチェックするようにしていますよ!

アメリカの祝日は動かない?

もちろんですが、アメリカにも祝日があります。アメリカでは全州共通の祝日や、州毎にも祝日があります。

参考としてアメリカの全州共通の祝日を表にしてみました。

2019年祝日の名前
1月1日新年
1月21日マーチン・ルーサー・キング誕生日
2月18日大統領の日
5月27日戦没将兵追悼記念日
7月4日独立記念日
9月2日労働祭
10月14日コロンブス・デー
11月11日退役軍人の日
11月28日感謝祭
12月25日クリスマス

(2019年のカレンダーより)

これらのアメリカの祝日の日に関しては、ニューヨーク時間の相場は市場参加者が非常に少ないため、ほとんど値動きがありません

もっちゃん自身何年もチャートを見てきましたが、祝日のニューヨーク市場の時間帯はほとんど値動きがなくトレードはやらないほうがいいと判断しているので、その時間はチャートを閉じて他のことをするというルールを決めているくらいです。

ぜひ、ご自身でアメリカの祝日のニューヨーク時間のチャートを確認してみて下さい。

もっちゃん
もっちゃん
国によって祝日もいろいろ違うんだね~

ニューヨーク時間についてのまとめ

以上がニューヨーク時間についての特徴になります。

まとめますと

  • ニューヨーク時間は一日の中でも最も動きが活発になる時間
  • アメリカの経済指標は世界経済に影響を及ぼすので確認を忘れずに
  • アメリカの祝日のニューヨーク時間はトレードはしないというルールを作るのもあり

ニューヨーク時間は日本時間の仕事終わりと重なり、しかもよく動くのでついついエントリーをしたくなる気持ちが出てくるとは思いますが、資金管理をきちっと行うなどしっかりと準備してからトレードをするようにしましょう!

では、今回は以上になります。

 

FX歴8年のもっちゃんも利用中のFX口座【XM】

\すでに多くの勝ちトレーダーが利用中!/

①口座開設で無料で3000円もらえる!

②入金ボーナス最大50万円分もらえる!

③少ない資金からも大きなトレードが可能なレバレッジ888倍

④口座残高がマイナスにならないゼロカットシステム

超少額からのトレードも可能!

\今ならこちらからの口座開設で、無料で3000円もらえる!/

無料口座開設で3000円を受け取る!

もっちゃん
もっちゃん
XMについての詳しい内容や口座開設方法に関しては、こちらの記事で徹底解説していますので、ぜひ読んでみて下さいね!

XMの評判を徹底解説!10つもメリットがある?海外FXが危険というのは思い込み!XMの評判について、メリットやデメリットを徹底的に紹介しています。国内FX口座しか持っていない方は特に必見です!必ずXMを使いたくなる理由がこの記事にはありますよ。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です