テクニカル分析

フィボナッチの使い方とは?FXで利益を出すための引き方を教えます!

 

FXのチャートは芸術だ!

 

 

もっちゃん
もっちゃん
こんにちは、もっちゃん(@mottyanda)です

FXのトレードでフィボナッチ使ってますか?

え、使ってない?フィボナッチを使えばチャートを美しく見れるのに・・・。

美しく見えるだけじゃ意味がない?

いや、美しく見えるということもトレードで利益出すために実は大切なことなんですよ?

 

今回は、そのフィボナッチについて話していきたいと思います。トレードに利用することによって、より優位性の高い場所でのエントリーが可能になります。

人によっては引き方も違うし、どうやって引けばいいか悩んでこの記事を訪れた方も多いのではないでしょうか?そのような方にも、ぜひ最後まで記事を読んでもらえればなと思います。

もっちゃん
もっちゃん
では、早速フィボナッチについて説明していきますね
この記事でわかること
  • フィボナッチとは?
  • フィボナッチの使い方
  • 実際のチャートでのフィボナッチの引き方

 

フィボナッチとは?

まずは「フィボナッチ」についてできるだけわかりやすく解説していきます。

トレードとは直接関係ないこともありますが、覚えておくとFXのチャートを美しく見ることができるかもしれませんよ?サクっと読んでみて下さいね。

 

フィボナッチ

イタリアの数学者「レオナルド・フィボナッチ」が13世紀頃にアラビア数字のシステムをヨーロッパに紹介したことからその名が付けられた(レオナルド・ダ・ヴィンチではない)

「フィボナッチ数列」という言葉が、高校の数Bの授業などで応用問題として出てきたのを覚えている人もいるかもしれません。

もっちゃん
もっちゃん
・・・全く覚えてない

 

フィボナッチ数列とは?

フィボナッチ数列は、上のような数列のことで「1つ前の数字と2つ前の数字(連続する数字)を足したものが次の数字」になっているものです。

この数列の隣り合った数字の比率が1:1.618に収束していき、それを「黄金比」と呼んでいます。

また、数列内の1つの数字を2つ後の数字で割ると0.382に。3つ後の数字で割ると0.236になります。

実際にFXでフィボナッチを使ったことがある方は見たことがある数字ではないでしょうか?

この黄金比である

  • 61.8
  • 38.2
  • 23.6

がFXのチャートでも意識されるのです。

このフィボナッチ比率=黄金比は、人間にとって最も美しく見える比率で心理的にも心地よいと感じるものだということです。

相場の値動きは世界中の大多数のトレーダーが売り買いして様々な思惑の元に動いています。相場は人間の心理が作り上げているともいえるので、自然とこの黄金比が作り上げられているのです。

チャートは波で出来ています。FXではこの波が黄金比によって無意識のうちに美しい波を作り上げることになるということです。

FXのチャートは波として捉えることが非常に大事になってきます。波に関して大事なことを書いてる記事があるので是非一度読んでみて下さい。必ず役に立つはずです

FX初心者に必ず意識しておいて欲しいこと!どの波を取りにいくの?この記事にはトレードで勝つために絶対に必要なことが書かれています!相場の「波」を意識しておくことが何より大事!必見です!...

Appleやツイッターも黄金比だった!?

この黄金比は自然界や芸術作品などにもたくさんあります。

  • ひまわりの種やアンモナイト、松ぼっくり
  • パルテノン神殿・ピラミッド・ミロのヴィーナス・モナ リザ・最後の晩餐
もっちゃん
もっちゃん
レオナルド・ダ・ヴィンチはレオナルド・フィボナッチの黄金比を意識してたというまさかの事実が!?

 

近代でいえば、Appleのリンゴのマークやtwitterの青い鳥のマークもこの黄金比でデザインされているそうです。

もっちゃん
もっちゃん
もっちゃんのアイコンも黄金比です♪(わかりません)

 

ということで、前置きが長くなりましたがここからFXにおけるフィボナッチについて説明していきますね。

FXにおけるフィボナッチの種類

FXにはフィボナッチは一つだけではなく、何種類かのフィボナッチがあります。

  1. フィボナッチ・ファン
  2. フィボナッチ・チャネル
  3. フィボナッチ・アーク
  4. フィボナッチ・タイムゾーン
  5. フィボナッチ・エクスパンション
  6. フィボナッチ・リトレースメント

他にもまだありますが、もっちゃん自身が使用しているMT4を確認したところ、これだけのフィボナッチがありました。

FXでは分析ツールをたくさん使用すると、迷いが生じ逆に勝てなくなります。フィボナッチもこれだけの種類がありますが、全部使わなくていいし覚えなくても良いです。

今回この記事では、世界のトレーダーの中でも一番使われている「フィボナッチリトレースメント」について紹介していきたいと思います。

フィボナッチリトレースメントの使い方

では、フィボナッチリトレースメントの使い方について説明していきたいと思います。

フィボナッチリトレースメントは、押し目や戻りがどこで入るかの目安となる位置がわかるツールになります。つまり、トレードにおけるエントリーポイントの目安となる場所がわかるということになります。

図で説明していきますね。

こちらは上昇中の波ですが、波が調整に入る時(押しが入る時)にどこまで押すのか?の目安となるのがこのフィボナッチリトレースメントです。

直近の波の最安値から最高値までを0%~100%として、その間の38.2%と61.8%、フィボナッチ比率ではないですが50%も意識されやすく、ここがサポートとして機能して反発上昇していきやすい目安の場所となります。

図には書いていませんが、23.6%や76.4%もフィボナッチ比率として意識されることがあります。

トレンドの勢いが強いほど小さい数字が意識されやすい

基本的に、トレンドの勢いが強いときは23.6%や38.2%あたりで反転することが多いです。逆にトレンドの勢いがそこまで強くないときは深く押してから反転することが多い傾向にあります。

実際のチャートで説明

では、実際のチャートでどのように使用するのか説明していきたいと思います。

まずは、図をご覧ください。

こちらは、下降トレンド中のチャートになります。

青い下落の波に対して61.8%まで戻しが入って再度下降トレンドを継続させていますね。下降の波にフィボナッチリトレースメントを引く際は、直近の波の高値から安値へ、逆に上昇の波に引く際は直近の波の安値から高値へ引くようにしましょう。

また、ローソク足のヒゲと実体のどちらで引くか悩む方もいるかもしれませんが、正解はありません。ひげ同士で引いたフィボナッチで綺麗に反応する場合もあれば、実体同士で引いたフィボナッチに反応する場合もあります。

ここは検証して頂きたいのですが、多くの方はひげとひげに引いている印象なので、迷うならまずひげとひげに引いて使ってみましょう。

フィボナッチリトレースメントを使用する際の注意点

フィボナッチリトレースメントを使用する際にはいくつかの注意点があります。

単体では使用しないこと

初心者の方によくありがちなのですが、フィボナッチ単体で反転の判断をするということ。

フィボナッチだけで判断してうまくいくこともあるかもしれませんが、あくまで目安となるものなので、いつもいつも反応するわけではありません。

必ず他の根拠と一緒に使用するようにしましょう。

反転の確認を別のサインを見てから判断する

フィボナッチの各ポイントに到達した瞬間のエントリーはやめましょう。

反転のサインを他のテクニカル分析で判断することが勝率を上げるために重要なポイントになります。

例えばですが、

  1. ローソク足のつつみ足やピンバー等が出現
  2. 下位足でWボトムなどの反転のチャートパターンの出現
  3. 移動平均線などの別のテクニカルの重複ポイント

など、別のテクニカル分析での反転のサインを確認してからエントリーするようにしましょう。

 

下の記事でも紹介しているマルチタイムフレーム分析を使用して反転のタイミングを取るのがオススメです。

マルチタイムフレーム分析とは?FXで勝てない人は必見のチャート分析!FXで勝ち続けるために絶対に必要なチャート分析の、「マルチタイムフレーム分析」。そのマルチタイムフレーム分析について詳しく説明していきます。初心者必見ですよ!...

どこでもここでも使わない

トレードにおいて常に意識しておいて欲しいのは今の目線はどっちなのか?

必ず目線の方向(トレンドの方向)へ向かってフィボナッチリトレースメントを引くようにしましょう。波の調整部分で使うのも良いかもしれませんが難易度が上がり無駄なトレードを繰り返す原因になります。

目線についてはこちらのダウ理論の記事を読んでみて下さい。

FX最強のダウ理論!その使い方間違ってない?本当の使い方とは?FXで勝てない初心者には絶対に知っておいてもらいたいテクニカル分析、それがダウ理論。このダウ理論について日本一初心者にわかりやすく説明していきます。安定して勝ち続けられる第一歩です。...

フィボナッチの使い方まとめ

以上がフィボナッチについての説明になります。

まとめますと、

  • フィボナッチは黄金比
  • 種類がいろいろあり、中でもフィボナッチリトレースメントがおすすめ
  • 押しや戻りがどこまで入るかの目安になる
  • 必ず、単体ではなく他の根拠と一緒に使用する

FXにおいてフィボナッチは根拠の一つとして非常に有効なテクニカル分析の一つになります。

黄金比というものは人間にとって最も美しく見える比率であり、FXのチャート上でも大衆心理により不思議と意識されているのです。

各自で実際のチャート上でフィボナッチを使用して美しい波を探してみてはいかがでしょうか?トレードで利益を上げるためのヒントがまた一つ見つかるかもしれませんよ?

 

また、フィボナッチは他のテクニカル分析とあわせて使うことによって、さらにトレードの精度を上げることができます。

以下の記事で他のテクニカル分析について詳しく説明していますので、よかったら参考にしてみて下さいね!

FXでおすすめのテクニカル分析はこれ!7つの神器ここに揃う!【初心者必見】FXで星の数ほどあるテクニカル分析の中から、本当におすすめのテクニカル分析をFX歴8年のトレーダーがわかりやすく紹介します!特に、どのテクニカル分析を使ったらよいか迷っている方は必見です。...

 

FX歴8年のもっちゃんも利用中のFX口座【XM】

\すでに多くの勝ちトレーダーが利用中!/

①口座開設で無料で3000円もらえる!

②入金ボーナス最大50万円分もらえる!

③少ない資金からも大きなトレードが可能なレバレッジ888倍

④口座残高がマイナスにならないゼロカットシステム

超少額からのトレードも可能!

\今ならこちらからの口座開設で、無料で3000円もらえる!/

無料口座開設で3000円を受け取る!

もっちゃん
もっちゃん
XMについての詳しい内容や口座開設方法に関しては、こちらの記事で徹底解説していますので、ぜひ読んでみて下さいね!

XMの評判を徹底解説!10つもメリットがある?海外FXが危険というのは思い込み!XMの評判について、メリットやデメリットを徹底的に紹介しています。国内FX口座しか持っていない方は特に必見です!必ずXMを使いたくなる理由がこの記事にはありますよ。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です